東京の求人に採用される面接のポイント

東京求人カタログ

東京で働く女性に向けて、女性キャリアカウンセラーがおすすめ求人情報などを紹介しているサイトです。

おすすめ記事

  • 平日だけ働くなら歯科助手平日だけ働くなら歯科助手
  • 子供がいらっしゃる主婦の方には歯科助手もオススメのお仕事です。歯の健康は、子供の成長に大きく影響しますし、専門的な知識を得られるのは大きなメリットです。
  • 癒しと美しさを与えるエステティシャン癒しと美しさを与えるエステティシャン
  • 美に関心がある人にはエステティシャンがオススメです。サロン附属のスクールに通えば比較的簡単にエステティシャンになることができますし、自分のケアも自分でできるメリットがあります。

面接は好感度を意識しよう

東京にはたくさんの求人がありますが、その分応募者も多いため面接は激戦区です。今までいくつも面接を受けたけれどなかなか合格しない、面接官の反応があまりよくなかったという人もいるでしょう。たくさんの求人や面接において良い印象を残すことが大切です。どのようにすれば面接後にも『あの人は良かった』と思ってもらえるのか、面接での好感度の上げ方について解説します。

LINEで送る

身だしなみ

面接は好感度を意識しよう

面接の好感度として真っ先に挙げられることと言えば第一印象の身だしなみです。第一印象については一目惚れという言葉があるくらいインパクトのあるものですから、しっかりと面接官に良い情報が伝わるようにしましょう。具体的には、前髪を伸ばしすぎず長髪はしっかりと束ねて礼をしても顔にかからないようにすることやナチュラルメイクにしてパールのシャドウなどは使わないことや露出の高い服やファーなどの派手な私服を避けるといったことが基本のポイントです。また、意外な落とし穴は眼鏡や靴などの小物です。一見身だしなみが整っていても、よく見ると眼鏡が汚れていたりハンカチがシワだらけだったりすると台無しです。このようなところも見られていると意識して、しっかりと準備をしていきましょう。

笑顔

面接官だけではなく、人に良い印象を残すのに欠かせないのが笑顔です。会ったばかりの相手に笑顔を向けられれば、たいていの人間は好意を向けられていると感じます。そして笑顔にもポイントがあります。目元からにっこりと笑い、上の歯だけが何本か見えるくらいがベストです。ここで口だけが笑っていたり、緊張して下の歯まで見せてしまうと歯茎まで見えて逆に不気味になってしまいます。こちらから笑顔を向けることは面接官に対して先手を取ることにもつながりますので、鏡を見て自分の笑顔がどうしたら綺麗に見えるのか、実際に面接用のメイクをしてから試してみるのも良い練習になります。

姿勢

入室から退室までの姿勢もしっかりと見られています。姿勢のポイントとして、立ち姿ではつむじを天井から糸で吊られているようなイメージを持ちます。そうすることによって緊張せず、横から見た時に耳、肩、腰、膝、そしてくるぶしまでが綺麗に同じライン上に並ぶ美しい立ち方ができるので、全身鏡を使うか人にチェックしてもらってでもぜひ習得しましょう。
次に面接官に礼をしますが、立つ姿勢で一度しっかりと静止して腰から深く頭を下げます。目線は自分ではなく面接官の足元へ向けると、綺麗な礼ができます。着席するときも同じく吊られているイメージのまま、椅子の背もたれから拳一個分開けたくらいで足を閉じて着席します。この時は指先を揃え、膝の中央で重ねておくのがスマートです。油断して礼をした後に髪をいじってしまったり、足癖で組んでしまったりしないように気を付けましょう。

話し方

ここまで来てやっと面接の本題に入るわけですが、ここでは「相手にきちんと伝える」という事を重視します。どんなに興味を引く話でも、一方的に話し続けられては相手はどこが重要な話なのかわからず、あなたのせっかくのアピールポイントが印象に残らないまま流れてしまいます。ですから、会話の中に相手がこちらの話を理解するための間を入れて話すことで自分の緊張もほぐれ、面接官にも「ここを自分に理解してほしいのだな」という意図が伝わります。緊張して声が小さくなってしまうという人は、まずは家族や知人に対して大きな声であいさつの練習から始めるという方法も使えます。普段からそういった自覚のある人は、少しうるさいのではないかと思うくらいの大きな声でのあいさつでも大丈夫です。大きくはっきりした声は面接官に健康的な印象を与え、好感度を上げることに繋がります。

これらの行動を一つ一つ丁寧にチェックしていく事で同じ条件の他の応募者よりも面接官に確実に良い印象を与えることができるので、採用につながる可能性は格段に高まります。姿勢などは日常生活にもはっきりと表れますので、ぜひこまめにチェックして面接に備えてください。

よく読まれている TOP3